第22回全国めだかシンポジウムを開催します

2024年10月25日(金)、26日(土)に第22回全国めだかシンポジウムを開催いたします。

10月25日(金) 午後:市民プラザたけふ4F多目的ホール(越前市福祉健康センター)

10月26日(土) 午前中:現地見学会@味真野地区 

細かいスケジュール等は現在鋭意準備中です。

群馬野生メダカを見守る会

会長:大山 啓三(高崎市) 

ひっそりと生息するメダカに寄り添う見守り活動

【テーマ】
群馬県内の野生メダカを保護するための見守り活動について

【設立・事業等】
設立:2022年11月 会員数:6名
群馬の水田風景の用水路にメダカが群泳する光景を目にすることは今日大変難しくなっています。
今日、ペットショップで目にすることができますが、自然の中にメダカが生息する姿は大変貴重です。
今日まで生息している姿に感動し、この光景が末永く受け継がれることは環境保護の観点から大変重要と考え仲間有志とともに本会を発足することにしました。

【主な活動】
現在では地域行政及び地域住民を積極的に会員を募っていないため、当面は会費徴求は行っていないため活動資金は0円です。(今後の活動計画を下記に記載。)
• 放流による遺伝的攪乱の問題、放流による「遺棄メダカ」問題に取り組む。
• 地域住民の保護が主体的な活動となるよう本会が研究者と連携し活動を支援。
• 国内メダカの研究者と連携を図りながら将来に向けた意義ある環境活動を推進。
• 地域住民を主体としたメダカ里親制度によりメダカの個体数増加に努める。

第27回ぐんぎん財団環境賞の表彰をいただきました。
https://gunginzaidan.jp/project-environment/award-kankyo/history-27/

表彰をはげみに、群馬県内の貴重な野生メダカの見守り活動に今後も注力してまいります。活動にご賛同いただけます方は、ぜひ日本めだかトラスト協会あてご連絡ください。

連絡先:office1@medaka-trust.jp もしくは当ウェブサイトの「お問い合わせ」から

第21回日本めだかシンポジウム(2023年12月9-10日@柏and四街道)の報告書ができました(どなたでも閲覧できます)。

2023年12月9-10日に千葉県柏市と四街道市にて開催した第21回日本めだかシンポジウムの報告書ができました。こちらから PDF ファイルをダウンロードできま2023年度の日本めだかトラスト協会の活動報告も兼ねています。す。ファイルサイズが大きくなったため、3つに分割しています。ご了承ください。

第21回全国めだかシンポジウムを開催します

2023年12月9日(土)に第21回全国めだかシンポジウムを開催いたします。

会場:東京大学柏キャンパス新領域生命棟地階講義室 アクセスはこちら         

チラシ(PDFファイル)をダウンロードする

オンラインでの参加も可能です。 

トピック:第21回全国めだかシンポジウム
 ミーティング ID:696 376 0595
 パスコード:12345
 https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/j/6963760595?pwd=TDB5VlUvM2w0WWdTSCtnak8vMHoxZz09

スケジュール

14:00 開会挨拶
14:05 基調講演
「野生ミナミメダカの生態 ~繁殖行動に注目して~」
   小林牧人(国際基督教大学 特任教授)

15:00 – 16:00 会員による活動報告
16:00 – 16:15 休憩
16:15 – 16:30 日本めだかトラスト協会 総会

16:30 – 17:30 ワークショップ
   「捨てメダカゼロを目指すには」

17:30 閉会挨拶

懇親会(会場未定)

12月10日(日)には千葉県四街道市の四街道メダカの会のご活動を見学させていただきます。四街道メダカの会のウェブサイトはこちら

スケジュール
9:00 集合・出発 マイクロバス等で四街道市に移動
10:30 – 12:00 四街道市内 たろやまの里、メダカ池を見学
12:30 頃 現地解散(最寄りの JR 総武線四街道駅まで送迎あり)

9日のシンポジウム・総会への参加お申し込みは不要です。
10日の見学は参加のお申し込みが必要です。下記までメールで11月30日までにお申し込みください(参加費:移動のために 3,000 円程度の見込み)

問い合わせ先: 尾田正二 04-7136-3671 odasho@edu.k.u-tokyo.ac.jp

第32回めだかのコンサート Final が開催されました。

 NPO法人 メダカの学校かごしまが主催して「メダカのコンサート」を毎年開催されてきました。ファイナルコンサートとなる今年の第32回目が、令和5年8月21日に鹿児島市宝山ホールで開催されました。平日の午後2時からの開演でしたが、多くの方で宝山ホールが埋まりました。音楽に乗せて「自然を守ろう」という想いを全員が共有しました。メダカの学校かごしまの皆さま、メダカのコンサートで演奏されたアーティストの皆様、開催に尽力されたスタッフの皆様、長きにわたるご活動本当にお疲れさまでした。心より敬意を表します。何かが終わるということは、何かが始まるということでもあります。新しい次に向けての第一歩が力強く踏み出されたことをしっかりと感じました。(文責:尾田正二)

2023年3月21日に「中池見ねっと」の『みんなで報告会』が開催されるそうです

ラムサール条約湿地である中池見湿地(福井県敦賀市)の豊かな生態系を守り、中池見湿地を子どもたちに残す活動をされている
特定非営利活動法人「中池見ねっと」の『みんなで報告会』が2023年3月21日(祝・火)12:00~16:30 に開催されます。
1部では活動報告、2部では、「改良メダカの放流問題」をテーマにパネルディスカッションが行われ、オンラインでの参加も可能だそうです。
https://nakaikeminet.raindrop.jp/info_2023houkokukai/